四季彩Gallery

かげろふの ほのめく影を見てしより たれとも知らぬ恋もするかな 世の中と 思ひしものをかげろふの あるかなきかのよにこそありけれ この里の さくらを雲とながめつる 都ぞかすむ春のゆふぐれ
天つ風
天つ風 雲の通ひ路吹きとぢよ をとめの姿しばしとどめむ
天つ風 杏珠

本当は五節舞の舞姫たちを歌った歌ですが……。

なんか浮かんできたのでそのままに描きました。

二年越しの作品です。本当に集中力や気力が続かなくて哀しい思いをしました。

こんな感じで徐々に描けなくなるものか、と。

病気と加齢がかさなるとこうなるのかとも思いました。

とてもご高齢でも絵を描き続けておられる方がいらっしゃいますが、

本当に尊敬しかありませんね。ああいう方はよほど気力がしっかりされているのだと思います。

昔なら、双極性障害で長生きされた方は少なかったかもしれません。
有名なところではゴッホとか。

彼も長生きではありませんでしたね。

 

絵が上手くなる時は自分でわかりました。
そして絵が下手にあってきてるのも自覚があります。

頭の中のイメージどおりに手が動いてくれないのです。

 

いろいろ考えてもう桜Exhibitionへの参加もやめようかと思います。
だから桜を描きました。ソメイヨシノです。

 

Copyright (C) 2001-2022,Haruusagi All rights reserved.