四季彩Gallery

花は根に 鳥は古巣に 帰るなり 春のとまりを 知る人ぞなき ーーーーーーー崇徳院 春の花 今は盛りに にほふらむ 折りてかざさむ 手力(たぢから)もがも ーーーーーーー大伴家持 世間(よのなか)も 常にしあらねば やどにある 桜の花の 散れるころかも ーーーーーーー久米女郎 花のごと 世の常ならば 過ぐしてし 昔はまたも かへりきなまし ーーーーーーーよみ人知らず
陽焔(かげろう)


恋しとよ 君恋しとよゆかしとよ 逢わばや見ばや 見ばや見えばや ちはやぶる神 神に座(まし)ますものならば、あわれと思(おぼ)しめせ 神も昔は人ぞかし
陽焔ー杏珠
陽焔ー朱雀

なんというか、7ヶ月ぶりくらいの更新です。すみません。

やはり不動産を処分する&公営住宅に応募する&7人分の家の中身を断捨離する、

という大仕事はやはり一年がかりでした。他に何にも出来ない状態(つД`)ノ

年賀状すら無理でした。

 

あまりにも久々なので、これはもう本当にリハビリだと思って描きました。

家の中の仕事が一段落した、というのが大きかったですが。

なんとなく不本意さが残りますが、これはこれでご勘弁を。

 

鳥が朱雀になったのは私が今住んでいるのが平安京での朱雀の場所だから。

どちらの方向に行っても不思議じゃなかったのに、玄武以外は青龍も白虎も

候補の土地だったのに、ここに来たのはやはり朱雀に呼ばれたのかもね。

 

こういう厨二設定は鬱の予防にも有効です(^_^;)

 

Copyright (C) 2001-2021,Haruusagi All rights reserved.