四季彩Gallery

露時雨 もる山かげの下紅葉(したもみぢ) 濡るとも折らむ秋のかたみに

 

秋萩の うつろふ惜(を)しと鳴く鹿の 声きく山は紅葉しにけり

 

さびしさは 深山(みやま)の秋の朝ぐもり 霧にしをるる槙(まき)のした露

 

秋惜しむ

雁のなく 峯のむら雲うちしぐれもみぢ しぬべき秋の空かな

 

置く露や 染めはじむらむ秋山の 時雨もまたぬ峰のもみぢ葉

 

秋惜しむー杏珠

今回あまり解説することはないです。

下書きはわりと早い時期に出来ていたんですが、暑さにめげて

ちゃんと描き始めることができなかったんです。

 

9月の声を聴いて、やっと手がつけられたというか、

まあ精神安定剤が欲しかったこともありましたし。

やはり最も集中できるのがお絵描きなので。

 

本当の子ぎつねがこの季節に生まれるかどうかわかりませんが、

神様のお使いですから、イレギュラーでもいいんだろうな、と

いう感じで書いています(^_^;)

 

うちのキャラがしばしば木の上にいるのは私が子供の頃に

京都御苑の近くに住んでいて、毎日遊んで木に登っていたからです(^_^;)

 

昔は警備も緩やかだったのかな?

今だったら(大人だったら)やっちゃいけないと思いますが(^_^;)

 

子供の頃はお寺や神社の境内やどこでもが遊び場でした。

Copyright (C) 2001-2021,Haruusagi All rights reserved.