平安王朝Gallery

忘れめや 葵あふひを草に引きむすび かりねの野べの露のあけぼの かへりこぬ 昔を今と思ひ寝の 夢の枕ににほふ橘 たれとなく 空に昔ぞ偲ばるる 花橘に風過ぐる夜は すずしやと 風のたよりを尋ぬれば しげみになびく野べのさゆりば
舞い降りる夢
窓ちかき竹の葉すさぶ風の音にいとどみじかきうたたねの夢 はかなしや 枕さだめぬうたたねに ほのかにまよふ夢のかよひ路 つかのまの 闇のうつつもまだ知らぬ 夢より夢にまよひぬるかな はじめなき 夢を夢とも知らずして この終りにや覚めはてぬべき ーーーーーーーーーーーーーーーーー式子内親王
舞い降りる夢ー杏珠

鳳凰 (ほうおう)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

空想上の鳥の名。古来中国で麒麟,亀,竜とともに四瑞として尊ばれた。

嘴は鶏,顎はつばめ,背中が亀,尾は魚,首はへび,前部が麒麟,

後部がしかに似て,聖徳の天子の兆しとして出現すると伝えられる。

鳳は雄,凰は雌。仏教とともに日本に伝来,瑞祥文様 (瑞祥はめでたいしるし)

として用いられる。

羽が5色で、梧桐(ごとう)に宿り、竹の実を食べ、醴泉(れいせん)を飲むと

伝えられ、聖徳の天子の兆しとして世に現れるとされる。鳳は雄、凰は雌という。

 

舞い降りる夢ー杏珠

なんとなく鳳凰、白鳳です。こういうイメージが降りてきたら特に理由はありません。

このイメージが降りてくるまで「描けない (T-T)」と悩んでいたので、これが来てくれて

どんなに嬉しかったことか… (^_^;)

 

絵を描いていれば精神が安定する心強さがあるので、描けないというのは大変不安なのです。

私だけのことかもしれませんが…。でもよかった (^_^;)

 

相変わらず描くのには時間がかかりました。やはり集中力が長く続かない限界が存在するようです。

悔しいけど、仕方がありませんね。毎日少しでも進めていけばいつかは完成に辿り着く、と

しばらく前からずーっと言っているような気がします。でも大変だけど楽しいです。

私は空間恐怖抄的なところがあって、うっかりしていると、背景をびっしり埋めてしまいそうです。

今回は日本画風の「間」が生きる画面を目指したかったので、なるべく埋めないように努力しました。

ぼーっとしていたらゼンタングルみたいに埋めてしまうのは容易いと思いますが、あえて避けました (^_^;)

まあ、ギリギリこんなところかなあ、と。結構パーツは使い回していますが。

 

実は大きな作品です。400dpiの解像度で縦70センチ、横51.5センチあります。

掛け軸を作ろうと思えば作れそうです (^_^;)

Macのスペックが許す限り、エスカレートしそうで怖いですが、そのうちに襖絵サイズくらい

描いてしまうかもしれませんね~ (^_^;)

Copyright (C) 2001-2016,Haruusagi All rights reserved.