平安王朝Gallery

かくれぬの 底のした草みがくれて 知られぬ恋はくるしかりけり こもり江に ひまなく浮けるうき草の まなくぞ人は恋しかりける かずならぬ 身はうき草となりななん つれなき人によるべしられじ
想いのしずく
夏の池に よるべさだめぬ浮き草の 水よりほかにゆくかたもなし はちす咲く 池のゆふ風にほふなり 浮き葉の露はかつこぼれつつ はちす咲く 池のみぎはに風ふけば 心のうちもかをりあふかな
想いのしずくー杏珠
夏の池の 水のおもかくす蓮葉(はちすば)に ただよふ露の身をいかにせむ 有漏(うろ)の身は 草葉にかかる露なるを やがてはちすにやどらざりけむ

サイト開設記念の配布も可能な作品を描くつもりが、結局仕事に追われて納得できる

ものが描けませんでした。すみません…。

 

手を抜いたわけではないのですが、蓮の花は以前に描いたものの使い回しになってしまました。

つくづく創作というのは気力を要するものだと思い知りました(ーー;)

 

あんまり言い訳したくないですが、仕方がないですよね…。

 

それでまたサイトの更新というのも気力がないと無理な作業なんだな。

仕事とお絵描きの両立は半端な気力では出来ません。

ブログの更新ほど楽じゃないですしね。

 

とりあえず、更新のみ、ということで…。なんだかとっても疲労感…(ーー;)

Copyright (C) 2001-2016,Haruusagi All rights reserved.